リーファー(冷蔵)コンテナ編

 秋田港からの出港準備です。バンニング作業を行う、保税倉庫に来ております。

 

 秋田県、岩手県各方面から集荷された、あきたこまち、ひとめぼれの玄米が到着いたしました。

 こちらがリーファーコンテナ内部。ドライコンテナと異なり、弊社のチャーターコンテナになります。料金はかなり割高…ですが、世界一美味しいとされるレベルを、ベトナムや豪州米国らのお米と区別がつかなくなるほどに劣化させてまで、愛さえ感じるあきたこまちを輸出したくはないのです。

 

 秋田美人には、秋田美人のままで嫁に行ってほしい

 

 そう思うのが、本当の親心ではないでしょうか。ねえ、お父様がた。あきたこまちは、あきたこまちのままで、シンガポールの皆様に愛されるべきなんです。

 

 前面部に、調整用の装置がついております。設定はマイナス25℃からプラス25℃までだったと思います。米の場合、ほぼ常温の15℃から19℃くらいがちょうどいいみたいです。

 

 ただし、15℃は日本政府が備蓄米を何年も保存するような温度。15℃以下になると、玄米が完全に冬眠状態に入り、呼吸をほとんどしなくなるために、劣化速度も極端に遅くなります。

 

 何年も保存するわけではない、つまりここまでの温度にする必要はないので、シンガポールの定温倉庫に合わせた設定で輸出することにしました。環境の急激な変化は、おコメの品質にダメージを与えかねません。

 

 ちなみに、赤道付近では、ドライコンテナではコンテナ内部が70℃にもなるそうです。天井は目玉焼きを焼けるほど熱くなります。まさにサウナ状態で、食品をドライコンテナで日本からシンガポールへ輸出した場合、日本品質を維持することは絶対不可能でしょう。

 

 日本酒、米、その他食品、精密機械等々、多少輸送費が高いとはいえど、リーファーコンテナは日本品質を輸出する上で不可欠なものです。さもなければ、6倍の輸送費をかけて、1日のうちに空輸するかです。

 

 したがって、東南アジアやその他常夏の国で輸入食品を口にする場合、どのような輸送方法で輸入されてきたかを知ることが、その食品の品質を知る上で重要なポイントになるといえましょう。

 

 また、日本で外国製品を口にする場合も同じで、特にワインなどは、リーファーコンテナ輸入かどうかが、フランスの味を維持しているかどうかを分ける、最大のポイントなりそうです。

 

 酒の保存期間は100年超です。仏産ワインの場合、同じものなのにフランスと日本で全く異なった味をしている場合、輸出過程に大いに問題があったと疑ってみるべきでしょう。

 ともかく、30キロ袋入り玄米が秋田港から輸出されるのは、どうやら史上初めての様子。

 

 これまで、あきたこまちが海外輸出される場合、秋田で精米されたものがパッケージングされ、3週間かけてシンガポールに運ばれ、結局店頭に並ぶまでに1カ月近くかかっていました。

 

 精米後1カ月がコメの賞味期限なのに(おいしく食べられる期間)、これでは世界最高峰とされる日本米の味、まして自分が子供の頃から愛してやまないあきたこまちを楽しんでもらうことは、到底不可能ですよね。

 

 おまけに、秋田価格の2倍以上もするのでは、欲しくたって誰も買いません。「日本農産物の世界的普及」なんて、本当に絵にかいたモチに過ぎなくなってしまいます。

 

 日本では、あきたこまちはコシヒカリとともに国民的お米です。でも、シンガポールでは富裕層のお米というのでは、愛するあきたこまちが、あまねく皆様に愛されないではありませんか。

 

 まして、ドライコンテナで精米を輸出してしまっては、それは完全にシンガポールで別の物体に変質しています。同じ「秋田県産あきたこまち」というブランド銘を打つべきではないのです。

 

 だからこそ、リーファーコンテナで輸出し、現地精米をするという工程が、あきたこまちやひとめぼれの本当のよさを感じていただくためには、不可欠なのでありました。

 

 あきたこまちやひとめぼれは、コシヒカリよりも低価格な割に、食味で劣っているわけではありません。特A級のお米になると、「甘いのがいい」「粘り気は弱い方がいい」などなど、もはや好みの問題というほかはなくなってきます。

 

 ゆえに、世界的なチャンスがあるのは、新興米として台頭著しい北海道のゆめぴりかやななつぼし、そして伝統の新潟コシヒカリではなく、秋田県のあきたこまち、そして18年連続特A級である岩手県のひとめぼれであると、私は強く信じているのであります。