加賀百万石

 

 昔、サラリーマン侍の給料単位は、「石」で表されていた。一石はコメ150キロだから、1000石の給料はコメ150,000キロで、昔の侍はこのコメを金に変えて生活していた。現金収入は、米相場にものすごく左右されていたようだ。

 

 宮城・岩手南部の伊達領は72万石だったから、1億800万キロのコメが伊達藩の収穫量。殿様は、この取高を家臣に分け与えていたわけだ。

 

 極貧武士は10石とかしか給料をもらっていなかったわけで、たったの1.5トン分。10アールから1石(150キロ)の反収しか上がらなかったそうで、10石はたったの1ヘクタールの領地ということか。

 

 昔の貧乏武士は、本当にどうやって食べていたのだろうか?

 

 1石の150キロは、昔の人間が1年に食べるコメの量をもとに算出されていたらしいから、かなりいい加減な量だったようだ。それに、1石は全国の統一基準だったようで、豊かな土地だと、1石なのに、実高は3石くらいあったとすると、いい土地の領地をもらった武士だと、実際の給料よりも実入りが良かったみたい。

 

 ちなみに、1石が1000合、その昔、平均すると1日3合のコメを食べていたようだ。10合が1升で、コメだと15キロ入り、体積は1.8リットル。今でも使われる度量衡は、コメを図る単位を基準に算出されていた。